読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産投資時代の到来

定年のシニア世代がどんどん増える。退職金を持って定年する。

定年前の給料は一番高い。月収60万円。プラスボーナス。

ところが定年になった途端、貧乏に真っ逆さま。

収入がなくなり年金がフルに出るまで派遣や管理人や警備で働く。

月収17万円くらい。厳しいよ。

そこでどうしても退職金を運用する。

そこで一つは株式投資。毎月分配。ハイイールド債とトルコリラやブラジルレアルやロシアンルーブル

と組み合わせる。有名な蛸配。

もう一つの運用が不動産投資。退職までに二件ぐらいは賃貸物件を持ち。千葉の田舎の別荘に引っ越して都会の自宅は賃貸に。キャッシュフローが出て来れば利回り狙いで不動産投資。

リスクはあるがローンという保険がある。

80年代の不動産バブルとはちょっと違う。当時は利回り無視。

今は利回り重視。

ただ注意が必要なのが築年数とインスペクションやリノベーション。

人口オーナスや地方自治体の縮小。郊外不動産の老齢化と値下がり。

まあここのブログでは不動産一筋の私がいろいろ書く連ねていきます。

宅建保有。証券時代は不動産アナリスト。ネット時代は総務でヘッドエンド建設。

携帯ショップ店舗解説。端末在庫の倉庫の契約。社宅の手配など不動産業務を担当。

 

親は電鉄の不動産担当。母親は社宅で美容院経営。併設のアパート経営。

自宅は購入経験が三度。二度は転売。賃貸も二度経験。

中古戸建てのリノベーションも経験。

不動産会社では神奈川の代理店担当。仲介流通の経験あり。